ERESA PROの活用方法や使い方を徹底解説!

ERESA PROを使ってFBA出品者(ライバル)のみを検索する方法!

ERESA PROにはさまざまな機能があり、使い方によってはライバルが簡単に見つけられます!ライバルを見つけたら、仕入れている商品を参考にするセラーリサーチも可能です。

そこで今回は、ERESA PROを使ってライバルを見つける方法を紹介します!

せどりでライバルを見つけたいと思っている人は、それぞれ参考にしてくださいね!
目次

ERESA PROを使ってライバルを一瞬で見つける手順!

Amazonせどりをする際、プライム便を対象にしている人を対象に、ライバルの数を把握していきます。プライム便はFBA納品している人のことを指し、本格的にせどりをしている可能性があるからです。

ERESA PROを使うと、ライバルの数が一瞬で検索できるので、手順をそれぞれ紹介しますね!

ERESA PROを使ってライバルを見つける方法

  1. 詳細検索で条件を設定する
  2. 出てきた商品をERESAで確認する
  3. Amazonで商品をチェックする

この流れで進めると、ライバルが販売している商品を検索できるためおすすめです!重要なのは、詳細検索の条件なので、それぞれ把握しておきましょう。

1.詳細検索で条件を設定する

まず、ERESA PROを使ってライバルを見つける場合は、詳細検索で条件を設定する必要があります。設定する条件は、以下のとおりです。

ライバルを見つける条件

  • 売れ筋ランキング:任意で設定
  • 新品(Amazonから発送):価格を設定
  • 中古(倉庫から発送):価格を設定
  • カテゴリ:ジャンルが決まっているなら設定する

こちらの条件で検索すると、特定のランキングで、なおかつプライム便発送をした商品のみを表示可能です。商品次第では自己配送を使う人もいますが、AmazonせどりではFBA納品者をライバルとしてカウントします。

今回は、以下の条件で検索していきます!

 

【今回の検索条件】

  • 売れ筋ランキング:50,000~70,000位
  • カート獲得:3,000~10,000円
  • 新品(Amazonから発送):5,000円~10,000円
  • 中古(倉庫から発送);3,000円~10,000円
  • カテゴリ:おもちゃ

この条件で検索すると、おもちゃランキング50,000位~70,000位以内の商品で、指定の価格でカートを獲得した商品が出てきます。実際に検索した結果が、以下のとおりです。

売れ筋ランキングが50,000~70,000位の商品なので、それなりに売れている商品が表示されます。カテゴリを設定すると、カテゴリ別でライバルが獲得している商品が出てきます。

商品が見つかったら、ERESAを使って分析していきます。

2.出てきた商品をERESAで確認する

ライバルがカートを獲得している価格がわかれば、商品を仕入れて出品する際の目安につながります。今回は、以下の商品を対象に分析していきます。

おもちゃランキング50,000位台の商品で、最新でカートを獲得しているのが、新品の8,299円だとわかります。さらに、商品を詳しく分析していくと、以下のことがわかりました。

【価格推移グラフ】

こちらの商品は、度々価格変動が起きている商品でした。特に、新品価格は価格調整をおこなっていることがわかります。

クリスマスシーズンに、8,000円台から6,000円台まで下落しています。そして、年末・年始商戦が終わった後、通常価格に引き上げていました。

その後、価格の微調整はおこなっているようなイメージです。

【出品数推移グラフ】

出品数推移グラフを見ると、中古商品は1個をキープしていますが、新品コンディションの商品は、1~2個を変動していることがわかります。

在庫切れが発生しているわけではなさそうなので、出品を取り下げていることは考えづらそうです。特に商品が大幅に追加されているわけでもなく、1~2人ほどのセラーが商品を販売している商品だとわかります。

【ランキンググラフ推移】

3ヵ月間のランキンググラフ推移ですが、それなりに変動していました。基本的には70,000位を推移しており、商品が売れている可能性があるときは、10,000位台まで下落しています。

3ヵ月でこの変動なので、十分仕入れ対象にしてもよい商品です。

【日別販売推移】

日別販売推移では、中古に大きな変動はありませんが、新品の場合は価格・出品数ともに変動があります。

例えば、2022年2月20日~2022年2月22日にかけてのグラフを見ると、8,229円で販売されているものを、8,119円に下げると在庫数が1個に変動しています。

出品を取り下げている可能性も考えられますが、価格を下げた後に売れているので、商品が売れたと判断するのが無難でしょう。

あるいは、8,119円で出品していたセラーがカートを獲得し、8,229円で出品していたセラーのみ売れ残っているパターンです。
(ただし直近のカート獲得は8,229円でした)

ちなみに、2月25日~26日にかけても同様の変動があります。そのため、こちらの商品の新品コンディションの平均相場は、”8,199~8,299円”と判断するのが無難でしょう。

【カート取得率】

カート取得率は、直近3ヵ月のデータを取得しています。この場合、2人のセラーがカートを獲得していることがわかります。

検索条件で、FBA納品をしている人を表示しているため、この場合2人のライバルがいる商品だと判断してよいでしょう。

これまでの分析結果をトータルすると、価格変動がそこまでないライバルが少ない商品です。仕入れ先を確保して、ライバルと差をつけて仕入れれば、十分利益になる可能性があります!

3.Amazonで商品をチェックする

ERESAである程度分析が完了したら、Amazonで商品を実際にチェックしましょう。

こちらの商品は、メーカーが直接販売している商品でした。kumanというメーカーが販売しており、独占販売されています。

在庫ストックを確認すると、68個あるため、単独で仕入れて販売するのは難しそうです。しかし、メーカーが直接販売している商品を見つけたら、メーカー仕入れの可能性も広がります。

規模間にもよりますが、マイナーな商品を独占販売している企業なら、交渉が通る可能性も高いです。そのため、独占販売だとあきらめずに、メーカー交渉も視野に入れるとよいでしょう。

Amazonせどりでプライム便の人を見るべき理由!

Amazonせどりをする際は、基本的にプライム便の人を対象に商品を仕入れていきます。理由は複数ありますが、具体的には以下のとおりです。

Amazonせどりでプライム便の人を見るべき理由

  • FBA納品をしているから
  • ライバルになる可能性が高いから

プライム便は、FBA納品をしている人しか指定できない販売手法です。Amazonの倉庫に納品するということは、それなりにせどりをしている人なので、ライバルだと判断できます。

FBA納品をしているから

Amazonのプライム便発送を使っているユーザーは、FBA納品をしているユーザーです。本格的にせどりをしている人は、FBA納品を使う傾向にあるため、”FBA納品の数=ライバルの数”と判断してもよいでしょう。

もちろん、商品によっては、FBA納品ではなく自己配送のほうが利益になるものもあります。
(例:小型の商品、料金が安い商品など)

今回の検索方法を使うと、FBA納品をしている人をピックアップして検索可能です。Amazonの商品ページを開くと、プライム便を選んでいるかどうかわかります。

上記の商品の場合は、5個出品されているうち、すべての商品がプライム便発送でした。この場合、ライバルがそれなりに多い商品なので、カートを獲得するには値下げをしなければなりません。

ライバルになる可能性が高いから

Amazonでプライム便を使っている人は、基本的にはライバルです。よく、トータルの出品数で判断する人もいますが、以下のような状況だと話は変わってきます。

Amazonでのライバルの例

  • 出品数10個:自己配送9個・プライム便発送1個
  • 出品数10個:自己配送2個:プライム便発送8個

ちなみに、Amazonで販売されている商品は、プライム便のほうが売れやすい傾向にあります。発送の手続きはAmazonがしてくれますし、購入者は最短で商品を受け取れるからです。

ちなみに、自己配送の場合は、このように表示されます。プライム便の場合は送料はかかりませんが、自己配送の場合は別途かかります。

そのため、Amazonせどりをする場合は、基本的にプライム便発送を選択している人をリサーチしていきましょう!

Amazonでカート獲得時の値段は重要?

Amazonで商品をリサーチする際は、カート獲得時の値段が非常に大切です。従来のERESAでも、カート獲得時の値段はチェックできます。

検索結果の個別ページに入ると、”カート”として書かれています。こちらは、直近でカートを獲得した際の料金です。

この商品の場合、8,299円で売れている商品だとわかります。また、ERESA PROの場合は、ピンポイントでカート獲得時の値段が検索可能です。

ほかのツールでは、カート獲得時の値段がわからないものも多く、無料版だとより把握するのは厳しいです。

その点、ERESA・ERESA PROは、カート獲得時の価格帯がわかるため、売れる商品が見つけやすいといえます!

まとめ【ERESA PROを使って徹底リサーチ!】

ERESA PROは、ライバルリサーチに使用できます!ライバルリサーチをする場合は、詳細条件を設定するだけでよいです!

ライバルのカート獲得価格を確認すると、商品を仕入れて値付けする際の参考になります。

ライバルと差をつけつつ、商品を仕入れたいと思っているなら、ERESA PROの検索機能を徹底的に活用しましょう!

[template id=”6445″]

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

上記の内容またはそれ以外にご不明点などがございましたら、以下のお問い合わせ窓口までご連絡ください。

ERESA PROをまだ利用していない方!
入会手順はこちら

STEP
ERESA(イーリサ)の無料アカウントを作成します。

※既にERESA(イーリサ)の無料アカウントをお持ちの方はこちらのステップをスキップしてください。

STEP
ERESA(イーリサ)PRO入会フォームに進めます。

ERESA(イーリサ)にログインした状態で下記に進んでください。

月額3,980円(1日約130円)で使い放題!

\ 年払いなら2ヶ月分お得! (1日110)/

  • 7日間の無料期間終了後に月払い時3,980円(税込)年払い時39,800円(税込)が課金され、以降1ヶ月又は1年毎に同額の決済が行われます。
  • 無料期間中に退会して頂ければ課金は発生しません。退会をご希望の方は専用のページより数クリックで行って頂ける退会手続きをしてください。

新たな機能の追加により、今後予告無く上記価格より高くなる可能性がございますが、今お申込いただいた方はずっと同じ価格でご利用いただけます。安心してお申し込みください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次